GoProがスティールウェッジで 需要実態を把握

パーソナルカメラ大手メーカーがスティールウェッジS&OP Salesを稼働

2013年12月23日 カリフォルニア州プレザントン
クラウドベースのS&OP(Sales and Operations Planning)ソリューション大手であるスティールウェッジは、本日、アクションカメラの世界大手であるGoProにおいてそのシステムが先日稼働を始めたと発表しました。GoProはその著しい成長を保つために、再現可能でかつ拡張性のある需要予測プロセスを構築すべく、スティールウェッジのS&OP Salesを全世界のビジネスユニットに導入しました。

スティールウェッジのS&OP Salesは、各々の数値がどのように算定されたかについての認識を共有できる単一情報源のシステムに基づき、信頼性の高い需要駆動型の計画策定を行えるようにし、GoProのスプレッドシートによる手作業計画を置換えるものです。スティールウェッジのソリューションはGoProの1千万を超える計画ポイントを支え、同社のNetSuite ERPシステムと連携して稼働します。

GoProのセールスオペレーションズのディレクターであるマイク・ペレス氏は「スティールウェッジは我々が話をした中で真に我々のゴールを聞き、我々の要求に取り組んだ唯一の需要予測ソリューションプロバイダーでした。スティールウェッジのソリューションは応答性が良く恊働的かつ包括的なもので、GoProが現在および将来にわたり成長を続ける製品需要に対処できるよう、信頼性の高い需要予測プロセスを維持可能にしてくれます。」と言っています。

スティールウェッジのS&OP Salesはユーザが販売機会の変化を捉え、収益性への影響を判断し、代替シナリオを評価、コストあるいは平均売価の前提について期別調整を行う事を支援します。簡便なExcelベースのダッシュボードは現場の売上高予想の展開を容易にし、360度ビューは純利益改善をサポートします。

スティールウェッジのストラテジックセールス&ソリューション担当VPのイー・ジェイ・テベラは「GoProは世界で最も多目的なカメラを作っています。スティールウェッジのソリューションも同じように私たちの顧客に多様性を提供します。ですから私たちの革新に対する熱意を共有する企業とパートナーになれる事にとても興奮します。GoProがより正確な予測と計画を策定する為に、人、プロセスそして技術を確立し、その結果より良い顧客サービスを提供できるようになるお手伝いをする事は我々の誇りです。」と言っています。
【GoProについて】
GoProは世界一多才なカメラを作り、人々が自分の好きなアクティビティをしている最中に、没入出来て魅力ある自分自身のビデオ撮影を可能にします。GoProのウェアラブルで衣服に取付け可能なHELOラインのカメラは、全体として世界の他のどのカメラよりも、より多くのコンシューマ、プロアスリート、ビデオ制作プロに使われています。GoProはカリフォルニア州サンマテオに所在し、その製品は世界の100カ国以上、30,000店以上、または直接GoPro.comから購入可能です。

【スティールウェッジについて】
スティールウェッジソフトウエアは統合ビジネス計画(Integurated Business Planning)ソリューションのリーディングプロバイダーです。スティールウェッジのクラウドベースのS&OP(Sales & Operations Planning)ソフトウエアソリューションは人、プロセス、技術を結びつけ、会社の事業についての単一視点を提供します。変動性が高い世界の事業環境において、そのような単一の視線は信頼性の高い”what-if”シナリオのモデリングを可能とし、需要供給のトレードオフによる財務的影響を正確に指摘するための機動性の高い分析を提供します。幾つか例をあげると、ジャガーランドローバー、レノボ、モンサントおよびソニー等の世界でも最大級の製造会社が、スティールウェッジのクラス最高のS&OPによって、そのリスクを軽減し、世界経済、政治および環境の変化に迅速に適応出来ると、スティールウェッジに信頼を寄せています。www.steelwedge.comをご参照ください。

【スティールウェッジ株式会社について】
2012年に東京にオフィスを設立したスティールウェッジ株式会社(代表取締役:津村謙一)は、業務拡大に伴い11月1日には新事務所に移転し、S&OPの国内での浸透と普及を推進しています。

オフィス所在地:東京都港区赤坂2ー23ー1 アークヒルズフロントタワー 8階
Tel: 03-6277-8521
http://www.steelwedge.com/japan にて詳細をご確認下さい。

(C)2013 スティールウェッジおよびスティールウェッジ製品の名称はSteelwedgeSoftware, Inc.の商標あるいは登録商標です。その他の全ての会社および製品名はそれぞれ対応する所有者の商標です

Lauren Bossers

Director of Digital and Content Marketing

As the director of digital and content marketing, Lauren is responsible for marketing communication, public relations, customer references, and social media at Steelwedge. She brings 14 years of experience in marketing for the supply chain management industry to her role. Prior to joining Steelwedge, she held positions in marketing at i2, Kinaxis, and Tata Consultancy Services.